自家製昆布の煮しめ

今から、20~30年前の統計では、わが国はタイ、エルサルバドル、セイロンについで世界で最も乳ガンによる死亡率の低い国でした。

当時の日本人の脂肪の平均摂取量は1日に42グラムでアメリカ人の3分の1以下(アメリカ人は1日に155グラム)でした。

その後、わが国でも乳ガンが増加をはじめ、その増加傾向は脂肪の摂取量の増加に比例していたことが知られています。
つまり、この20~30年間で脂肪を多くとる食事に変わって、乳ガンが増えてきのです。

世界で最も多く脂肪をとっている国はどこかというと、デンマーク、ニュージーランド、オランダで、その3カ国の乳ガンによる死亡率は世界のトップに立っています。
それにつづいてイギリス、カナダ、スイス、アイ〜ランド、アメリカ、ベルギーも、トップ・グループに入っています。

わが国もこの20~30年で急激に食事の内容が変わって、脂肪の摂取量は上位国に近づいているのですが、それでもまだ乳ガンによる死亡率は極端に低いグループに入ります。
研究者のあいだで、それはなぜなのかという疑問が当然もたれました。現在でもなお、わが国の乳ガンによる死亡率はアメリカの6分の1です。

それにまた、乳ガンにかかった日本の女性は、アメリカやイギリスの女性にくらべて長生きです。日本人の食生活に固有のなにかが、そういう効果をもたらしているのことは明らかです。

そこで研究者たちは、日本人がふんだんに食べていて、アメリカ人はまったく食べていない食品を探すことになります。そして行き当たったのが海藻です。
のり以来、昆布、わかめ、海苔、ひじきなどの研究が日本以外でもすすめられているのですが、わかってきた効果は次のとおりです。

  • 殺菌
  • 制癌
  • 免疫システムの支援
  • 血中コレステロールを下げる
  • 血圧を下げる
  • 脳卒中の予防
  • 血液の粘度を下げる

苦からわが国では、長寿村といわれるところでは、とくに海藻が常食されてきたが、海藻のもつこういう効果が健康を高めていたと思われるのです。

現在、昆布を最も多く消費しているのは沖縄県で、近年の統計では健康日太一の県は沖縄です。

研究の結果を総合すると、どうも海藻には脂肪のとりすぎの害を軽減してくれる働きがあるようだとしてハーバード大学のティース博士はこういっています。

「昆布には乳ガンを抑える多くの成分がふくまれていると思われますが、なかで最も期待されるのはフーコイジンという物質です」

わが国の料理は魚介菜藻からダシをとって、それで煮たものが多いのですが、基本となるのは昆布とかつお節です。昆布とかつお節でとったダシのことを基本のダシといっているけれども、これにはほとんど味がないようでいて、なんともいえない深い味があります。

フーコイジンをはじめ多くのしょうゆ成分が溶けこんでいるからです。このダシで煮ると塩(醤油)の量が少なくてすみます。

そしてまさに日本の味になります。ダシをとった昆布は冷凍しておき、少したまったところで酢と醤油で煮るのがおすすめです。角に切って小網に入れ、酢と醤油と水を注ぎ、落としぶたをして極弱火にかけておきます。汁がなくなったら水を足し、昧をみながら少しずつ酢と醤油を加えるようにして、昆布がやわらかなるまで煮たら出来上がりです。

佃煮や塩昆布と違ってわずかな塩味でまとまるため塩のとりすぎにもならず、このひとくちがあると毎日の食事の内容がぐんとよくなるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください